0120-480858受付時間10:00-18:00(平日)

お問い合わせ

MENU

お知らせNews & Topics

想いを形に~準備代行者の感激・感動~物語4

2019.05.29(水曜日)

【物語4】追悼の言葉、次々と・・・

(主催者) T様(個人)

(故  人) 50代男性

(会  場) ウィシュトンホテル・ユーカリ(千葉県佐倉市)

(参会者) 38

(開催月) 20192

 

 突然死で夫(父)を失ったご家族は茫然自失になり、葬儀は周囲の言われるままに、年末、慌ただしく執り行われました。

 

 「夫の名誉のために、偲ぶ会でキチンと締めくくってあげたい」と奥様から問い合わせがあったのは、開催日の18日前。

 

 故人のパソコンを開くことが出来なかったため、案内状を作成したものの、郵送先は極わずか。
定年退職まで4ケ月余りだった勤務先、大学時代の友人、それに趣味仲間にそれを送ったものの、果たして、当日何人の方がお集まり下さるか、予想が出来ずご家族の心配が増しました。

 

 そして、金曜日夕刻から開会した偲ぶ会には、遠くは北海道から駆け付けた人もいて、結局、40名弱になりました。

 

 セレモニーでは、あらかじめ、追悼の言葉を依頼していた人がスピーチをされましたが、司会者が水を向けたことがキッカケになって、友人・知人が次々とマイクの前に立ち、思い出やエピソードを披露されました。

 

 また、通常、2時間の会では三々五々退出する参会者が多いのですが、驚いたことに、全員が閉会まで歓談されました。

 

 主催者、特に奥様のひと言、「開催して良かった!」が印象に残る、とても温かい雰囲気の会になりました。

 

 

ご相談・お見積もりのご依頼は
お気軽にご連絡下さい

  • ご相談無料
  • お見積無料
  • ご提案無料

0120-480858
電話受付時間 10:00-18:00(平日)

メールでのお問い合わせ

弊社の実績豊富なフェアウェルプランナーが親切丁寧にお答えいたします。

費用の概算、おすすめの会場、開催の時期、プログラム、お別れの会・偲ぶ会・社葬の違い…など