0120-480858受付時間10:00-17:30(年中無休)

お問い合わせ

MENU

偲ぶ会・唯一 準備代行会社 Since 2007

「オンラインお別れの会」「オンライン偲ぶ会」とは

参会者(参列者)は自宅や勤務先で、お別れの会(偲ぶ会)の動画中継を視ながら、故人を偲ぶスタイル。

友人・知人・会社・取引先などから訃報が届き、葬儀は密葬方式(例:家族葬・親族葬・直葬)で執り行なわれる、
という連絡があり、また、お別れの会(偲ぶ会)を、後日、開催する旨の案内がされます。

その会は、会場に遺族と、限られた関係者(例:親族)のみが参会(参列)します。
本来、会場に出向いて故人を偲ぶことになる、参会者(友人・知人・会社関係者・取引先など)は、パソコンモニターに
映し出される動画中継を視ながら、会に参加することになります。

※「お別れの会」と「偲ぶ会」の違い
亡くなった日から数えて7週間は「お別れの会」、それ以降は、「偲ぶ会」と言っています。
7週間目は「四十九日(しじゅうくにち)」にあたり、その日以降納骨がされる、節目でもあります。

 

発案者からのメッセージ

オンラインお別れの会・オンライン偲ぶ会のプラン

プランに含まれるもの

1 ご案内状制作

郵送方式とメール方式があります。この金額は郵送で50名に案内する場合です。

2 案内先からのお問い合わせ対応

3 会場利用料

(1) 室料 (2)音響照明 (3)スクリーン・プロジェクター (4)マイク2本 (5)司会台 (6)電源使用料

4 祭壇手配

(幅)180cm (高さ)240cm (奥行)90cm の場合。

5 撮影・中継

※カメラ2~3台。

6 映像制作

※会の冒頭、故人を偲ぶ遺族の言葉を、ナレーターが代読。BGMが付きます。2~3分。

7 司会進行

8 準備代行

9 準備スタッフ諸費用

機材運搬を含む交通費などの実費

オプション商品

故人の遺言、ご遺族の意向をお聞かせ頂いたうえで、私どもは様々なご提案を致します。
その中から、「故人らしさ」「故人が喜びそうな事」をお選び下さい。

ご遺影 50,000円

大きな祭壇の場合、遺影を修正・加工・拡大します。

 

スライドショー制作 100,000円

 故人の写真100枚までを映像に制作します。再生時間は10分前後。

動画ディスク 5,000円

会の模様(中継動画を含む)をディスクに残します。化粧ケース入り。

Service flowお問い合わせからお申し込みまでの流れ

  1. 【お客様】

    お問い合わせ(電話・メール)
    弊社ウェブサイト、お電話よりお気軽にお問い合わせ下さい。まずは次の事をお聞きします。

    • (1) ご希望開催時期、あるいは、ご希望開催日
    • (2) 予想される参会者数
    • (3) 候補会場の最寄り駅
    • (4) ご予算
  2. 【弊社対応】

    ご要望をヒアリング&質疑応答[無料]
    ご希望のヒアリング方法をお選びいただけます。

    • [方法A]電話
    • [方法B]オンライン(例:Zoom・LINE)
    • [方法C]訪問
  3. 【弊社対応】

    お客様へご提案[無料]

    • ①企画の内容
    • ②複数の候補会場
    • ③お見積り
    • [方法D]メール・添付の後、オンラインで質疑応答
  4. 【お客様】

    ご検討・ご決定後、弊社にご連絡下さい。
    ※正式なご依頼の場合は、下段へ。
  5. 【お客様】

    ご案内先のリストと、ご遺影用写真を弊社にご送付ください。
  6. 【弊社対応】

    準備開始
    弊社に準備を託される場合、『申込書』を頂きます。
    弊社名で、会場を正式予約します。
  7. 【弊社対応】

    ご参加候補者へ案内

    • [方法E]郵送で
    • [方法F]メール、LINEほかSNSで
    • [方法G]ファクシミリ

当日の基本的な流れ

こちらはオンラインお別れの会・偲ぶ会の当日の進行例です。進行内容は主催者様、ご遺族様のご希望を詳しくヒアリングし、柔軟ご提案させていただきます。

  • セレモニープログラム開始
  • 開会の言葉
  • 主催者の挨拶
  • 追悼の言葉
  • 献杯の発声
  • 歓談プログラム開始
  • 閉会の挨拶
  • 閉会
  • 全体

    ①セレモニー部分(約15分)

    ②歓談部分(約30分)

    ①+②(約45分)

  • セレモニー(一例)


    (開会から0分)開会の言葉(司会者)

    (開会から2分後)映像の再生(故人を偲ぶ遺族の言葉をナレーターが代読・BGM有り)

    (開会から5分後)主催者の挨拶

    (開会から8分後)追悼の言葉・ひとり目(オンライン)

    (開会から11分後)追悼の言葉・ふたり目(オンライン)

    (開会から14分後)献杯の発声

  • 歓談


    (開会から15分後)プログラムの案内(司会者)

    (開会から17分後)歓談プログラム開始(一例)

    • 故人の思い出、エピソードを語る(オンライン参加者)
    • 故人と撮った写真を公開(同上)
    • 故人が好きだった曲を捧げる(同上)
    • 故人に捧げる曲を演奏(同上)

    (開会から40分後)主催者の挨拶

    (開会から43分後)閉会の挨拶(司会者)

    (開会から45分後)閉会

歓談プログラム(その他)

A スライドショー

・故人の写真をスライドショーにして再生する
(例:写真100枚なら10分前後)

B 不参加者のビデオレター

・会に参加出来ない人の中で希望者がいたら、事前にもらう。

セキュリティ対策①肖像権対策


案内はハガキ、あるいは、メール等でされます。
お別れの会(偲ぶ会)に参会する人は、メールで事務局(弊社)に知らせます。
事務局は参会者のみに、専用URLと、パスワードをメールでお知らせします。

セキュリティ対策②個人情報保護対策


YouTubeLiveやZoomを使って、動画が中継されます。
但し、開会時刻から閉会時刻まで中継された後、中継は遮断され、動画がYouTube上に残ることはありません。

感染症対策


主催者ご関係者が会場に来られる場合、次のガイドラインを会場運営会社・祭壇設営会社・撮影配信会社等と共有し遵守します。
公益社団法人 日本ブライダル文化振興協会と、一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会から、2020年5月14日発表された、
『新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン』。

よくあるご質問

  1. Q香典の受領は辞退したいのですが・・・

    A
    案内状(郵送)にその旨明記する方法を取ります。
    なお、明記しない場合、主催者に直接、香典を郵送(書留)する方もいらっしゃると予想しています。

     

  2. Q学校の同級生同士が、オンライン上で二次会を行ないたい、という希望がある場合、対応出来ますか?

    A
    出来ます。
    その際は、その関係者のみがオンライン上で歓談することになります。
    なお、「会本番は、原則、1時間以内」ですが、二次会分は主催者に
    追加の費用負担が発生します。お見積書に加えます。

     

  3. Q主催者側の服装は、何が適当ですか?

    A
    喪服・黒色ネクタイ・黒色帯以外なら、何でも構いません。
    通常のお別れの会・偲ぶ会は、途中から、和やかな会になりますので、
    主催者の、特に女性には、明るい色の服装をお勧めしています。

     

  4. Q遺族・親族だけで、会の途中(式典終了後)から、会場で飲食することは出来ますか?

    A
    出来ます。
    その場合、会場はホテル宴会場や宴会専門会場になります。
    (案1)テーブル
    ①長方形タイプで、前の席との間隔と、隣りの席との間隔が、2m前後
    の距離があります。
    ②円卓(直径180cm)で、本来、一卓8~10人席を4人にします。
    (案2)食事
    ①お弁当、あるいは、
    ②コース料理。

     

  5. Q新しい取り組みとのことなので、(2020年5月現在)実績・実例は、まだ、無いと思いますが・・・

    A
    「オンラインお別れの会」「オンライン偲ぶ会」そのものの実績は、まだ、有りません。
    但し、過去、参会者人数が予想以上に多くなった会で、別会場に動画を中継した
    実例があります。
    今回の映像制作・中継担当は、その会社が担当するため、技術面のご心配は
    不要です。

ご相談・お見積もりのご依頼は
お気軽にご連絡下さい

  • ご相談無料
  • お見積無料
  • ご提案無料

0120-480858
電話受付時間 10:00-17:30(年中無休)

弊社の実績豊富なフェアウェルプランナーが親切丁寧にお応えいたします。

費用の概算、おすすめの会場、開催の時期、プログラム、お別れの会・偲ぶ会・社葬の違い…など

お問い合わせメールフォーム

お名前必須
団体・ご法人名任意
ご連絡先電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須