0120-480858受付時間10:00-18:00(平日)

お問い合わせ

MENU

お知らせNews & Topics

法要と法事、一回忌と一周忌、享年とは

2019.06.12(水曜日)

■法要と法事

 

法要は、一周忌や三回忌(丸2年目)などの節目に、僧侶に読経(どきょう)してもらうことを言います。

法事は、その法要と、その後の会食を含めた行事のことを言います。

 

■一回忌と一周忌

 

一回忌とは、亡くなった年の(葬儀を含めた)供養のことを言います。

一周忌(=二回忌)とは、亡くなった年の、翌年の供養のことを言います。

この二つに共通しているのは、亡くなった年を「1」とし、以後、(「満」ではなく)「数え」という考え方で年を数えることです。

 

■享年(きょうねん)

享年とは、人が「天から享(う)けた年数(この世に存在した年数)」という意味。

なお、現代においては、次の「  」は全て正しい、という解釈がされています。

数え年で数える場合: 「享年70」「享年70歳」=満69歳

満年齢で数える場合: 「享年69」「享年69歳」=満69歳

ご相談・お見積もりのご依頼は
お気軽にご連絡下さい

  • ご相談無料
  • お見積無料
  • ご提案無料

0120-480858
電話受付時間 10:00-18:00(平日)

メールでのお問い合わせ

弊社の実績豊富なフェアウェルプランナーが親切丁寧にお答えいたします。

費用の概算、おすすめの会場、開催の時期、プログラム、お別れの会・偲ぶ会・社葬の違い…など